【2022年現在】渡部陽一は今どこにいる?ウクライナに行っている?

3 min
渡部陽一は今どこに?

戦場カメラマン、タレント、ジャーナリストとして活躍されている渡部陽一さん。

そんな渡部陽一さんは現在、自身のTwitterでウクライナの情勢をほぼ毎日ツイートしていらっしゃいます。

そのため「渡部陽一さんは今どこにいるのか?」「ウクライナにいるのか?」

気になってる方も多いようですので、

今回は「渡部陽一さんは現在どこにいるのか?」まとめていきたいと思います。

渡辺陽一プロフィール

渡部陽一(わたなべ よういち)
生年月日:1972/9/1
年齢:49歳(2022/3.現在)
出生地:静岡県・富士市
職業:戦場カメラマン、フォトジャーナリスト

渡部陽一がSNSでウクライナ情勢を伝える

渡部陽一さんは、ロシアがウクライナへ軍事侵攻をはじめた2022年2月24日から、

毎日自身のTwitterでウクライナの情勢を発信し続けていらっしゃいます。

この短いながらも分かりやすい渡部陽一さんのウクライナ情勢の発信が、フォロワーから好評のよう。

必要最小限の情報を毎日分かりやすく発信してくださるのは、さすが渡部陽一さんです。

渡部陽一は今どこ?ウクライナにいるのか?

渡部陽一さんは戦場カメラマンという肩書きの通り、過去には様々な紛争地域に実際に赴き取材をしていらっしゃいました。

ですので、渡部陽一さんといえば危険な場所に真っ先に赴き、取材をし、真実を伝えてくれる人というイメージが強いです。

そして今回渡部陽一さんが、毎日のようにウクライナの情勢をツイートしていることから「渡部陽一さんはウクライナにいるのか」気になっている人も多いようです。

毎日のウクライナ情勢に関するツイート。

そして「戦場カメラマンの渡部陽一です。」という自己紹介から、渡部陽一さんはウクライナにいるのかと思ってしまいますが、

実際に渡部陽一さんは、ウクライナにはおらず、日本にいらっしゃいます。

渡部陽一さんは、自身のラジオ番組に毎週出演していらっしゃり、

ラジオ撮影をしている写真も配信されていますので、ウクライナには行っていないことが分かります。

また3月17日には、テレビ東京の情報番組にも出演されていたり、

3月13日には、愛知県で講演会も行なっていたようです。

“戦場カメラマン”と名乗っているので、「渡部陽一さんが現地にいるのか」とつい思ってしまいますね。

この勘違いさせるような渡部陽一さんのツイートには、一部の人から批判の声もあがっているようです。

ちなみに渡部陽一さんは、2021年8月に起きたタリバンのアフガニスタン侵攻の際も、リアルタイムでアフガニスタンの情勢をツイートしていらっしゃり、

渡部陽一さんがアフガニスタンにいると勘違いする人が多くいました。

実際にこのときも渡部陽一さんは日本からツイートしていたのですが、

このように緊迫している現地の状況を毎回ツイートしていらっしゃるのは、

今まで戦場カメラマンとして培ってきた情報網を生かしてのことなのでしょう。

渡部陽一は現在何をしている?

結婚され息子さんもいらっしゃる渡部陽一さんは、現在“家族第一”と何よりも家族のことを考え、無理な行動はしないようにしているそうです。

ですから、以前のように戦争が起きている最前線に行くようなことはあまりないようですね。

そんな渡部陽一さんの現在の仕事の割合は講演会が多いそうです。

その他にもスケジュールが合えば、TVに出演されたり、

毎週日曜日18時からは日本放送で「渡部陽一 明日への喝」という冠ラジオをしていらっしゃいます。

現在は、以前のように危険な場所に行くことはなくなった渡部陽一さんですが、

それでも今までの経歴を生かし、私たちに世界の状況を伝えてくれる渡部陽一さんの活動はとてもありがたいです。

まとめ

今回は「渡部陽一さんは現在どこにいるのか?」まとめていきました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA