智辯学園の宗教は何で一体どんな宗教?【2021年夏の甲子園決勝戦出場校】

2 min
智辯学園野球部

2021年8月29日、いよいよ2021年夏の甲子園の決勝戦が行われます!

そこで甲子園決勝戦の出場校の一つ「智辯学園(ちべんがくえん)」を調べてみると宗教校であることが分かりました。

ですので、今回は智辯学園の宗教は何の宗教なのか?また一体どんな宗教なのかまとめてみました!

智辯学園とはどんな学校?

智辯学園は奈良県五條市野原中四丁目に所在する中高一貫の私立の学校。

1965年に智辯学園高等学校が創立、1967年には智辯学園中学校が設立されました。

また今回智辯学院が決勝戦で対戦する学校「智弁和歌山高」は智辯学園の兄弟校です。

智辯学園の偏差値は56-64、偏差値ランキングは奈良県内で120校中16位、奈良県内私立では33校中8位と県内有数の私立進学校となっており、県外から入学する生徒も多くいるそうです。

部活は硬式野球部はが強く、甲子園の常連校。

智辯学園は「甲子園出場をめざすスポーツコース」というコースがもうけられているほど、野球にかなり力をいれています。

智辯学園の宗教は何?

調べたことろ智辯学園の宗教は辯天宗(べんてんしゅう)という宗教であることが分かりました。

智辯学園は辯天宗総本山が、知徳体三位一体の教育を目指し創立した学校になります。

建学の精神は「心身ともに健康で、使命感を持つ、 誠実な人間の育成を目標とする」。

教育理念は、辯天宗の教義に基づき「誠実・明朗」と据えられています。

ちなみに、今回の甲子園決勝の対戦相手でもあり、兄弟校の智弁和歌山校もこの辯天宗の系列学校になっています。

辯天宗とはどんな宗教なのか?

智辯学園の宗教、辯天宗(べんてんしゅう)とは一体どんな宗教なのでしょうか?

辯天宗とは日本の仏教の宗派の一つで、あらゆる神仏のご誓願をすべておまとめになられる総祖神”大辯才天女尊”を仰ぐ信仰宗教です。

宗祖は、大辯才天女尊から天啓を享けた大森清子氏。

智弁学園は宗祖である大森清子氏が、幼い頃から教育や福祉に特別な思いを寄せていたことから、創立されたそうです。

辯天宗は、救われる心の道をやさしく示された「宗祖五行のお諭し」を教理としており、「人間が幸せと繁栄に向かう心は、この教理の実践を通して生まれる」と説いています。

以下が辯天宗の教理である「宗祖五行のお諭し」です。

一、真心を常に忘るべからず
一、慈悲愍みの心を養うべし
一、善根功徳の行を積むべし
一、感謝の誠を捧ぐべし
一、不平不満を思うべからず

智辯学園での辯天宗の影響は?

智辯学園は辯天宗の宗教学園ですが特に宗教色が強いわけではなく、辯天宗が経営する学園であるだけで、生徒は辯天宗と関係はあまりないそうです。

宗教の授業はありますが、あくまでも道徳教育として実践しており、辯天宗の信仰を強要するようなことはありません。

中には辯天宗を信仰しているお家の生徒もいるそうですが、特に優遇されることはないようです。

また宗教学校ではないので、入学した生徒が辯天宗に繋がりをもつようになるこということもないようですね。

しかし2019年の全国高校野球選手権大会の奈良大会の決勝後、智辯学園の甲子園出場が決まった際には、辯天宗の総本山如意寺に甲子園出場の報告しに訪れるなど、大切な行事の際には辯天宗と交流をもつこともあるようです。

まとめ

智辯学園の宗教は何の宗教のなのか?一体どんな宗教なのかまとめていきました。

しかし辯天宗が運営する学校が2校とも甲子園の決勝に進み対戦するなんて、すごいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA