ドラマ『最愛』の方言はどこの地方の?方言指導は誰?

3 min
ドラマ「最愛」の吉高由里子と松下洸平

2021年秋の金曜ドラマ『最愛』。

ドラマ完全オリジナル脚本で、予測できないミステリーとラブストーリー、

そして美しい映像美と音楽で「面白い!」と話題です。

そんなドラマ『最愛』ですが、吉高由里子さん演じる梨央と松下洸平さん演じる大輝は地方の田舎出身。

田舎での場面では、梨央や大輝は方言を使っていますが、一体どこの方言なのでしょうか?

まとめていきたいと思います!

【ドラマ 最愛】梨央や大輝の方言はどこ?

ドラマ『最愛』で、梨央や大輝が使っている方言。

第1話での大輝の告白「好きやよ」や、

第2話のラストシーンで、梨央と大輝が2人きりになり急に方言に戻る場面など、

このドラマはとにかく方言の使い方が上手ですよね。

特に第1話の松下洸平さんの方言での告白「好きやよ」には、悶絶する女性が多くいたようです!

(↓こちらが松下洸平さんの「好きやよ」告白シーンです!)

個人的には吉高由里子さんが使う方言が可愛くてキュンキュンしています。笑

ドラマ『最愛』で重要なポイントとなっている方言ですが、果たしてどこの方言なのでしょうか?

調べてみたところ、ドラマのロケ地が岐阜県白郷市となっており、

方言も岐阜県の方言であるということが分かりました!

岐阜弁は標準語と関西弁のちょうど中間にあるような方言で、どこか可愛らしさがある方言です。

あの大人気映画『君の名は』でも主人公が岐阜弁を話してたことで有名ですよね!

以下、ドラマ『最愛』でよく聞く岐阜弁をいくつかまとめてみました!

  1. ~しとる
    意味:「~している」
    例:『今、朝食食べとるよ』

  2. ~しぃやぁ
    意味:「〜したら?」
    例『これめっちゃ美味しいから試しに食べてみぃやぁ』

  3. ~やし
    意味:「〜だし」
    例『この人嫌いやし』

  4. 〜してまう
    意味:「〜しちゃう」
    例『なんでやろ、涙が出てまう』

  5. おらん
    意味:「いない」
    例『あそこ人おらんかったね』

  6. 〜やお
    意味:「〜だよ」
    例『好きやよ』

どれも、吉高由里子さん演じる梨央が話している声がうかんできますね!

岐阜の可愛い方言を聞けるのもこのドラマの楽しみの一つになりそうです。

【ドラマ 最愛】方言指導は誰?

そして、このドラマで方言指導を担当しているのは、

  • かとう有花さん
  • 今井香澄さん

のお2人になります。

かとう有香さんは、岐阜県出身の声優の方。

引用元:RME株式会社HP

岐阜弁を使っていた映画『君の名は』でも方言監修を行っていらっしゃいました。

今井香澄さんは、舞台などで活躍されている富山県出身の女優さん。

引用元:有限会社プロダクション・タンク

今井香澄さんは、朝ドラ『ひよっこ』でも方言指導をされていた経験があるようです。

【ドラマ 最愛】方言の評判まとめ

ドラマ『最愛』の方言に関する評判をまとめてみました。

「松下洸平さんの方言がキュンキュンする」など、最愛での方言はかなり高評価のようですね!

まとめ

今回はドラマ『最愛』の方言についてまとめていきました。

最後までお読みいただきありがとうございました!

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA