映画「カラダ探し」公開日はいつ?キャストやあらすじも

2 min
映画カラダ探し

2021年8月27日人気ホラー作品『カラダ探し』の実写映画化が橋下環奈さん主演で決定したことが発表されました!

内容がかなりグロくて、血がでるシーンも多い作品の為、今からどんなふうに実写化されるのか話題になっています。

そこで、今回は映画「カラダ探し」の公開日はいつなのか?また、あらすじやキャストについてもまとめてみました!

映画「カラダ探し」の公開日はいつ?

映画「カラダ探し」は「2022年に全国公開」とのことですが、2021年8月現在、詳しい公開日はまだ決まっていません。

しかし撮影は2021年9月から予定しているとのことで、映画は撮影から公開まで1年以上かかることが多いですので、だいたい2022年の秋〜冬頃の公開になるのではないのでしょうか?

映画「カラダ探し」のあらすじ

カラダ探しは、小説投稿サイト「エブリスタ」で人気No.1となったウェルザードによる携帯小説が原作。

2014年に村瀬克俊による漫画版が漫画誌アプリ「少年ジャンプ+」で連載され、累計閲覧数1億回、コミックスのシリーズ累計発行部数は300万部を超えるほどの人気作です。

毎晩のように真夜中の校舎で血まみれの少女の霊に追われて殺され、時間を前日の朝まで戻されて蘇生するという毎日を繰り返しながら、バラバラに分割された人体のパーツを探索して集めていくデスゲームに巻き込まれてしまった高校生たちの恐怖と奮闘を描いた物語になります。

以下詳しいあらすじをご紹介いたします。

県立逢魔高校で学校の階段として語られる、50年前の強姦・バラバラ殺人の犠牲者である血まみれの少女の幽霊「赤い人」。

怪談によれば、学校で「赤い人」に遭遇してしまった生徒は身体を8つのパーツに分割されて校舎に隠され、皆に自分のカラダを探すように頼むことになるという。カラダ探しを「頼まれた側」の生徒は頼みを拒否することはできず、8つに分割された「頼んだ側」の生徒のカラダを全て集めるまでは死ぬこともできない。

赤い人に遭遇して「頼んだ側」役となってしまった生徒によって糾合され、カラダを探すよう懇願された、「頼まれた側」役の6人の男女生徒は、同じ一日をループしつつ、夜の学校校舎に閉じ込められ、「赤い人」に見つかって追いつかれたら殺される鬼ごっこを繰り広げることになる。

「赤い人」は超人的な身体能力で「頼まれた側」の生徒たちを惨殺してゆき、生徒たちは全員が殺されたところで前日の朝に戻って生き返り、同じように殺される毎日を繰り返す。また、一度「赤い人」の姿を目視してしまった人は、その日は後ろを振り返ってはならず、それを破った瞬間に、背後に「赤い人」が忽然と現れて、周囲にいた仲間を巻き込んで惨殺されてしまう。

ループから抜け出すためには、「赤い人」からうまく逃げ回りつつ、8つのカラダを全て集め、学校の生徒玄関に置かれた棺桶に収めなければならない。

映画「カラダ探し」のキャスト

映画カラダ探しのキャストは2021年8月現在、主演の橋下環奈さんしかまだ発表されていません。

橋下環奈さんは、「走るのが苦手で致命的に足が遅い」というハンデを抱えている、主人公の森崎 明日香(もりさき あすか)役を演じます。

漫画では明日香のほかに、明日香と一緒にカラダ探しをする同級生が5人いますので、その同級生は一体誰が演じるのか、また血まみれの少女の霊「赤い人」はどのように再現されるのか注目ですね!

キャストについては、発表され次第、随時追記していきたいと思います!

まとめ

今回は映画「カラダ探し」の公開日はいつなのか?

また、あらすじやキャストについてもまとめてみました!

公開はまだ先ですが、橋下環奈さんのアクションシーンもあるとのことで、映画がとても楽しみです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

【こちらの記事も】

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA