レコード大賞2021の会場はどこ?今年も新国立劇場中劇場か?

1 min
レコード大賞2021の会場

2021年12月30日に『第63回日本レコード大賞』が放送されます。

17:30から4時間半の生放送で行われ、今年活躍した歌手のなかから、大賞や新人賞が決まります。

そんな「2021年のレコード大賞の会場はどこなのか?」まとめていきたいと思います。

レコード大賞2021の会場はどこ?

『2021年の日本レコード大賞』の会場は、

新国立劇場中劇場

になります。

新国立劇場中劇場は、東京都渋谷区本町一丁目にある歌劇場。

普段は演劇とダンスを中心として、さまざまな舞台が上演されています。

舞台と客席が近いのが特徴で、もっとも遠い2階席最後列からでも舞台まで25mという近さ。

新国立劇場は2004年の放送からずっと使われていますので、今年で17年目になりますね。

ちなみに新国立劇場が使われる前は、TBS放送センターや、日本武道館が使われていた時期もあったようです。

また今年も新型コロナウイルスの影響をうけ、昨年同様無観客での開催になっています!

レコード大賞2021の司会や出演者まとめ

2021年のレコード大賞の司会は、

安住紳一郎アナウンサーと女優の吉岡里帆さんが務めます。

以下出演者をまとめました。

【大賞候補】

Lisa「明け星」
純烈「君がそばにいるから」
乃木坂46「ごめんねFingers crossed」
Da-iCE「CITRUS」
NiziU「Take a picture」
DA PUMP「Dream on the street」
AKB48「根も葉もRumor」
三浦大知「Backwards」
氷川きよし「Happy!」
Awesome City Club「勿忘」

【新人賞】

INI
TAEKO
マカロニえんぴつ
望月琉叶

「大賞や新人賞に一体どの歌手が輝くのか?」今からとても楽しみですね!

最後までご覧いただきありがとうございました!

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA