【日本沈没】沈没するのは関東だけ?日本全体は沈まない?

3 min
日本沈没の小栗旬

2021年秋の日曜ドラマ『日本沈没』。

2021年11月7日放送の第4話では、ついに関東が沈没することが国民に知らされ、関東沈没のXデーが迫ろうとしているところが描かれました。

しかし気になるのは『日本沈没』というタイトルにも関わらす、沈没するのは今のところ「関東」だけなこと。

それに対しネットでは「沈没するのは関東だけなの?」と疑問の声があがっていました。

そこで今回は、ドラマ内で今後「日本全体が沈没する可能性はあるのか?」まとめていきたいと思います。

【日本沈没】原作の展開(ネタバレあり)

1973年の小松左京さんによる原作小説「日本沈没」では、日本列島近くのマントル流の急速な異変のため「日本全体が沈没する」という展開になっています。

また最初から「日本全体の沈没」が予言されており、「関東だけ沈没する」という話はでてきません。

そして原作の結末でいうと、全国民海外脱出計画がたてられ、日本人は海外へと逃避し、

最終的には、日本は南側の四国から次々と沈没していき、最後に残った北関東も大爆発し、完全に日本は沈没してしまします。

2006年の草なぎ剛さん主演の映画『日本沈没』でも、田所博士は最初から日本の沈没を予言しており、関東だけ沈没するという話はでてきません。

【日本沈没】沈没するのは関東だけ?

原作でも映画でも田所博士は最初から「日本全体の沈没」を予言しており、「関東だけ沈没する」という話はでてきていません。

しかし、今回のドラマでは今のところ沈没が予言されているのは「関東だけ」になります。

『日本沈没』という題名にも関わらず、結局関東だけが沈没し、日本全体はこのまま沈没しないのでしょうか?

ツイッター上でもこのまま関東だけ沈没するのか、それともこれから日本全体が沈没するのか気になるとの声が多くありました。

【日本沈没】今後日本全体は沈没するのか?

今のところ、今後日本全体が沈没する展開があるのか、ないのかは分かっていません。

ただどちらの場合も考えられそうなので、それぞれのパターンの理由を考察してみました。

これから日本全体が沈没する

まずこれから日本全体が沈没すると考えられる理由ですが、タイトルが「日本沈没」ですので、日本が沈没しないとタイトル詐欺になってしまいます。

関東だけの沈没なら、いくらリメイクだとしても「関東沈没」と題名をつけるかと思いますので、やはり最終的には日本全体が沈没するのではないでしょうか?

また、ドラマの尺は長いため、最初は関東の沈没を描き、その後日本全体の沈没を描いていくということもありそうです。

関東だけ沈没する

ただ「関東の沈没」だけで終わってしまう可能性もなくはないです。

理由は、予算やコロナの関係で「日本全体の沈没」というスケール感で描くことができないということです。

日本全体の沈没となると「日本人の海外への逃亡」を描かなければならず、より大規模な撮影が必要になります。

このように、コロナや予算の関係で、関東の沈没というストーリーで収めた可能性もありますね。

また原作では「日本列島が無くなり、日本人はどう生きるか」というテーマが描かれていますが、

今回のドラマは国民の部分は描かれておらず、主人公である天海がこの危機をどう救っていくのかに焦点が当てられています。

そのため、日本全体を沈没させる必要性は、ドラマのテーマ的に特にないようにも感じます。

まとめ

今回は、ドラマ内で今後「日本全体が沈没する可能性はあるのか?」まとめていきました。

考察してみたところ、関東の沈没だけで終わる可能性もあるように感じましたが、やはり「日本沈没」という題名をつけているならば、日本の沈没をしっかりと描いてほしいですね。

今後の展開に期待しましょう。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA