【ハンオシ】指輪のブランドはカルティエ?値段は?|婚姻届に判を捺しただけですが

2 min
ドラマ「婚姻届に判をおしただけですが」の清野菜名と坂口健太郎

2021年秋の火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』。

2021年11月9日に放送された第4話のラストシーンで、百瀬が明葉に渡した結婚指輪が話題になっています。

そこで今回は、ドラマ『婚姻届に判を押しただけですが』で、百瀬が明葉に渡した結婚指輪についてまとめていきたいと思います!

【ハンオシ】結婚指輪のブランドはカルティエ?

2021年11月9日放送の第4話ででてきた結婚指輪のブランドは、

『カルティエ』

になります。

カルティエの赤い箱から指輪を渡されるのは、女子の憧れですよね!

またこの結婚指輪の種類はカルティエの

バレリーナ ウェディング リング

かと思われます。

https://twitter.com/sorajirokawaii4/status/1458376353355501569

【バレリーナウエディングリング】


バレエからインスピレーションを得た、カルティエの象徴的な「バレリーナ」セッティングは、気品、調和、そして均衡を想起させます。

優美かつフェミニンな曲線がカルティエ ダイヤモンドを引き立てます。

カルティエ公式サイト

カルティエのバレリーナウエディンリングは、バレエからインスピレーションを得た、フェミニンな曲線が美しいマリッジリング。

ドラマで登場していたバレリーナウェデイングリングは、

プラチナでダイヤモンド付き、

値段は、税込224,400円となっています。

引用:カルティエ公式サイト

偽装指輪にも関わらず、カルティエの指輪をあげてしまう百瀬はさすが、広告代理店勤務ですね。

今後このカルティエの結婚指輪を、ずっとつけ続けることはできるのでしょうか?

それとも、明葉と百瀬の偽装結婚が終わり、外すことになってしまうのでしょうか?

指輪の行方に注目ですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA