ドラマ『インビジブル』曲・主題歌まとめ!挿入歌にリンキンのNumb!

4 min
ドラマ『インビジブル』の曲

2022年4月からはじまるドラマ『インビジブル』

高橋一生さんと柴崎コウさんの豪華共演に加え、

犯罪コーディネーターと刑事がバディを組み事件を解決する犯罪エンターテイメントという斬新な設定、

しかもオリジナル作品ということで、今からとても楽しみなドラマです。

そこで今回は、そんな期待のドラマ『インビジブル』に使用されている曲や、主題歌・音楽についてまとめていきたいと思います。

ドラマ『インビジブル』あらすじ

捜査一課の第一線で事件捜査にあたっていた志村貴文(しむら たかふみ)は、事件解決に執念を燃やし、犯人逮捕のためには、ときにグレーな手段も使う人物として危険視されていました。

そんな彼は、警視庁管内で起きた未解決事件の継続捜査を取り扱う「特命捜査対策班」に左遷されてしまいます。

あるとき彼らの前に現れたのは、キリコと名乗る女性

その正体は、裏社会を牛耳り、あらゆる凶悪犯罪者たちの取引を仲介する犯罪コーディネーターの「インビジブル」でした。

その存在は警察内部でも一部の人間しか知らず、しかもその実像に迫ったことがないゆえに、都市伝説とささやかれていた存在です。

そんなインビジブルが突如、自身が関わってきた未解決事件や凶悪犯罪者の情報を提供し、犯人逮捕に協力すると警察に申し出てきたのです。

しかしその条件として、彼女は志村を担当につけるよう要求してきました。

ドラマ『インビジブル』使用曲にリンキン・パークのNumb!

ドラマ『インビジブル』の予告編に使われている曲が、

アメリカのロックバンド『Linkin Park』の「Numb」だと話題になっています。

『Linkin Park』は、1996年に結成されたアメリカのロックバンド

21世紀で最も売れたとされる音楽バンドで、

全世界累計セールスは1億枚以上を記録。

また世界最高峰の音楽賞であるグラミー賞を2回受賞したり、

ウォール・ストリート・ジャーナルの『史上最も人気のある100のロックバンド』では12位にランクインしたりと、人気・実力ともにトップレベルのバンドです。

ドラマの予告で使われていた『Linkin Park』の「Numb」は、2003年にリリースされた曲。

リンキン・パークの中でも特に人気の高い楽曲となっています。

「Numb」は、日本語で“麻痺”という意味で、

「理想を押し付けてくる親への反発」を歌っています。

高橋一生さんと柴崎コウさんという実力派のキャストと、リンキング・パークの組み合わせはなんだかゾクゾクしますね。

選曲した製作陣の方、ナイスセンスです!

ドラマ『インビジブル』の主題歌は?

ドラマ『インビジブル』の主題歌はまだ発表されていません。

そのため「主題歌が誰になるのか?」SNSでの予想をまとめてみました。

主題歌の予想①米津玄師

このドラマの演出は、「アンナチュラル」や「MIU404」を担当されていた竹村謙太郎さんです。

そのため、ドラマ『インビジブル』の主題歌も「アンナチュラル」や「MIU404」の主題歌を担当していた米津玄師さんなのでは?との予測があがっています。

主題歌の予想②Hey!Say!JUMP

出演者のなかに有岡大貴がいるため、主題歌は「Hey!Say!JUMPなのでは?」と予想する声もありました。

ただ同時期に放送される山田涼介さん主演のドラマ『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』で、

Hey!Say!JUMPの新曲がすでに主題歌として決定していますので、

このドラマの主題歌にHey!Say!JUMPの曲が使われる可能性は低そうですね。

主題歌の予想③リンキン・パーク

また予告で使われていた『リンキン・パーク』の曲が主題歌の可能性もありますね。

個人的には、リンキン・パークの曲は挿入歌の可能性が高いと思っていますが、

もし主題歌だったとしたらかなり激アツです。

まとめ

今回は、『インビジブル』に使用されている曲や、主題歌・音楽についてまとめていきました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA