大門未知子のラッサ熱はいつ治った?どうやって回復した?【ドクターX 第2話】

2 min
ドクターX

2021年10月21日ドクターXの第2話が放送されました。

そのなかで

  • 大門未知子のラッサ熱はいつ治ったのか?
  • どうやって回復したのか?

話題になっています。

大門未知子はラッサ熱に感染【ドクターX】

2021年10月14日放送のドクターX第1話では、大門未知子が「コロナウイルス」と「ラッサ熱」に感染した患者さんを手術したことによって、ラッサ熱に感染し倒れたところで終了していました。

そのため、大門未知子の安否を心配しながら第2話を見る人が多かったのですが、

なんと第2話の冒頭からすでに大門未知子はラッサ熱から復活していたのでした。

これにはネット上で、拍子抜けしたとの声が。

大門未知子のラッサ熱はいつ治った?どうやって回復した?【ドクターX】

第2話ではあっさりとラッサ熱から回復していた大門未知子。

重要な部分が描かれていなくて「モヤモヤする!」との声も多いようですが、

一体いつ、どうやって完治したのでしょうか?

調べてみたところ、ラッサ熱は「発症から6日以内に薬を投与する」ことで治るということが分かりました。

治療にはリバビリン(ribavirin :静注)が著効を示す。

発症6日以内に投与を開始すると、本来70 〜80%の致死率を数%に激減させうる。

NIID 国立感染症研究所

そのためきっとラッサ熱に気づいた周りの医者が大門未知子に早急に薬を投与し、

大門未知子はラッサ熱から回復したのではないでしょうか?

これから、大門未知子のラッサ熱についてなにか解説はあるのかどうか気になりますね!

第3話以降も要チェックです!

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA