ドラマ『カッペリーニ号』かなえ役は誰?愛希れいかは元宝塚!【鈴木香苗役】

3 min
カッペリーニ号のかなえ役

2022年1月3日に放送される二宮和也さん主演のドラマ『潜水艦カッペリーニ号の冒険』。

第二次世界大戦中の厳格な日本海軍軍人と陽気なイタリア人たちの国境を超えた友情と恋を描いた物語です。

この物語で二宮和也さん演じる速水洋平が、想いを寄せる相手がいるのですが、この相手役の女優さんについて「よく知らない」という方も多いと思います。

そこで今回は、二宮和也さん演じる速水洋平が想いを寄せる相手・鈴木香苗役を演じている女優さんについてまとめていきたいと思います!

ドラマ『カッペリーニ号』かなえ役は誰?

ドラマ『潜水艦カッペリーニ号の冒険』にて、二宮和也さん演じる速水洋平が想いを寄せる小学校教師・鈴木香苗役を演じているのは、女優の愛希れいかさんになります!

愛希れいかさんは、元宝塚歌劇団月組トップ娘役の方で、なんと民放での映像作品の出演は今回がはじめてだそうです!

ちなみにこの役はオーディションではなく、オファーにより愛希れいかさんに決まったそうです!

愛希れいかプロフィール

愛希れいか(まなき れいか)
生年月日:1991/8/21
年齢:30歳(2022/2.現在)
出身地:福井県坂井市
身長:167cm
血液型:A型
事務所:アミューズ

愛希れいか経歴・出演作まとめ

宝塚時代

愛希れいかさんは3歳の頃からバレエを習っており、小さい頃から歌ったり踊ったりすることが好きだったそう。

小学3年生の頃に見た宝塚の公演がきっかけで、宝塚のファンになった愛木れいかさんは、2007年に宝塚音楽学校に入学。

そして、2009年に宝塚歌劇団に95期生として入団されています。

入団後は男役として初舞台、月組に配属されていましたが、

入団から3年目の2011年5月、周囲からの勧めもあり、娘役に転向されています。

愛木れいかさんが、娘役に転向してからすぐに新人公演ヒロインに抜擢され「注目の娘役」として宝塚ファンの間でも話題になっていました。

2012年4月には月組トップ娘役に就任。

愛木れいかさんの娘役としての人気はかなり高く、「男役の主演」が当たり前の宝塚で、宝塚史上2人目となる娘役トップスター主演の舞台が作られるほどでした。

そして2018年11月に退団されるまで、6年7か月に渡ってトップ娘役を務めていらっしゃり、多くの宝塚ファンの間で愛され続けていました。

ちなみに6年7か月に渡ってトップ娘役を務めるのは、花總まりさん・遥くららさんに次ぐ歴代3番目の記録となっているそうです。

宝塚退団後

宝塚歌劇団退団後の2018年12月から、現在の事務所であるアミューズに所属し女優として、芸能活動を再開。

このアミューズ入りは、事務所の大里洋吉会長によるオファーからだったそうです。

そして、宝塚卒業後は主に舞台を中心として活動されていましたが、2021年12月まで放送されていた大河ドラマ『青天を衝け』の井上武子役にて、テレビドラマに初出演を。

そして今回のドラマ『潜水艦カッペリーニ号の冒険』で、民放のドラマ初出演を果たしています。

まとめ

今回は、ドラマ『カッペリーニ号』かなえ役の愛木れいかさんについてまとめていきました。

可愛らしいルックスで宝塚時代から多くの人を虜にしていたという愛木れいかさん。

元々、演技力にはかなり定評があるようですので、このドラマ出演をきっかけに今後、映像作品の出演も増えていくのではないでしょうか?

愛木れいかさんの今後のご活躍にも期待です!

最後までお読みいただきありがとうございました。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA