【アバランチ】藤田役の俳優は駿河太郎で鶴瓶の息子!経歴や出演作など

2 min
アバランチ藤田役

綾野剛さん主演の月曜ドラマ『アバランチ』。

いよいよ物語も最終局面にはいり、ハラハラドキドキの展開が続いています。

そしてこの物語のキーパーソンとなっているのが、大山の婚約者であり、羽生の公安時代の上司でもあった藤田。

エピソード0では、藤田は大山が仕組んだ偽装テロに巻き込まれ亡くなってしまい、その出来事が元となりアバランチが結成されたことが明かされました。

今回は、そんな重要人物藤田を演じる俳優・駿河太郎さんについてまとめていきたいと思います!

【アバランチ】藤田役の俳優は駿河太郎で鶴瓶の息子!

ドラマ『アバランチ』で藤田役を演じているのは、俳優の駿河太郎さんです。

そして駿河太郎さん、実はあの笑福亭鶴瓶さんの息子さんなのです!

笑福亭鶴瓶さんの本名は「駿河学」ですので、駿河太郎さんは本名で活動されているみたいですね。

こちらは、笑福亭鶴瓶さんと駿河太郎さんの2ショット。

タレ目な感じとか、口元が似ていて、やはり親子だな〜と感じますね!

【アバランチ】藤田役・駿河太郎の経歴や出演作まとめ

駿河太郎プロフィール

駿河太郎さんの経歴や出演作などまとめていきたいと思います。

駿河太郎プロフィール

駿河太郎
生年月日:1978/6/5(43歳)
年齢:43歳(2021/12.現在)
出身地:兵庫県西宮市
身長:174cm
血液型:O型
事務所:ステッカー

駿河太郎経歴

駿河太郎さんは、2003年に「taro」名義で、ミュージシャンとして芸能界デビュー。

その後バンド「sleepydog」を結成し、ボーカル&ギターをして活動していらっしゃいました。

しかし、バンドはあまり売れていなかったようで、ミュージシャン時代はコールセンターやウエーターなど様々なバイトをしながら生計をたてていたようです。

そんななか、現在のチーフマネージャーに「役者をやってみないか?」と誘われたことがきっかけで、自身の音楽の才能に限界を感じていた駿河太郎さんは、30歳を機に役者としての活動もはじめるようになります。

はじめは、音楽活動と役者としての活動を並行していたそうですが、音楽活動が俳優活動に支障をきたすことがあり、それをきっかけに音楽はやめ、役者1本で活動するようになったそうです。

駿河太郎出演作

駿河太郎さんは2008年に俳優としてデビューされてから様々な作品に出演していらっしゃいます。

そのなかでも代表的な作品をまとめました。

駿河太郎さんを一気に有名にした作品は2011年の朝ドラ『カーネーション』。

尾野真千子さん演じるヒロイン・小原糸子の夫、川本勝役を演じていました。

この役はオーディションで勝ち取った役だそう。

気のいい旦那の役を演じていらっしゃいました。

2013年放送の大ヒットドラマ『半沢直樹』にも、伊勢島ホテルの社長・湯浅威役として出演。

一緒のシーンはありませんでしたが、このドラマに鶴瓶さんも出演していらっしゃり、親子共演で話題になっていました。

2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』では、吉田鋼太郎さん演じる松永久秀と対立すえう筒井順慶役を演じていました。

また最近では、2021年4月から放送されていた『ドラゴン桜 第2シリーズ』に、平手友梨奈さんの父親役として出演。

毒親を演じ、その嫌味な演技がイライラする!と話題になっていました。

駿河太郎さんは、温厚な役から嫌味な役柄まで幅広い役柄を演じることができ、ドラマにかかせない名脇役の一人となっています。

また味のある俳優さんなので、駿河太郎さんが出演している作品は見たくなってしまう、不思議な力があると感じます。

今後の駿河太郎さんのご活躍にも要注目です!

まとめ

今回は、藤田を演じる俳優・駿河太郎さんについてまとめていきました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA