【アバランチ】あかり役(工場の娘)北香那の経歴や出演作まとめ|演技が上手すぎと話題!

3 min
北香那

2021年秋の月曜ドラマ『アバランチ』。

2021年11月15日放送の第5話では、アバランチ結成の秘話が描かれ、あかり役としてゲスト出演した女優の北香那さんの演技が上手すぎると話題になっていました。

そこで今回は、あかり役の北香那さんの経歴や出演作をまとめていきたいと思います。

【アバランチ】あかり役は北香那

アバランチ第5話で登場したあかり役を演じるのは、女優の北香那さんです。

あかりは、羽生が失意のなか警察をやめ働きはじめた小さな町工場の社長の娘。

取引先を失いたくないがため、先方の担当者に金を渡し、不法な取引をしてる父の行動を、あかりはよく思っていませんでした。

しかし、そんな中あかりの父の工場は、取引先から一方的に発注を打ち切られてしまいます。

あかりは怒り、取引先の担当に金銭授受の証拠を突きつけますが、暴行を受けてボロボロになって帰ってくるあかり。

しかし1人だったとしても、最後まで正義のために闘いぬいたあかりの姿を見て、

羽生は、もう一度「正義の力を信じたい」をアバランチに加入することを決意するのでした。

そんな、現在の羽生の原点ともなるあかり役を演じた、北香那さんの演技はとても圧巻で、ネット上でも北香那さんの演技を賞賛する声が多くあがっていました。

【アバランチ】北香那の経歴や出演作まとめ

北香那(きた・かな)
生年月日:1997年8月23日
年齢:24歳(2021/11.現在)
身長:155cm
出身地:東京都
事務所:アルファエージェンシー

北香那さんは、ものごころついたころから、女優を志していたそうで、小学6年生の頃にミュージカル『赤毛のアン 〜アンからの手紙〜』に、アン役で出演し芸能界デビューします。

その後、2013年の映画『震動』に、耳の不自由な少女役で出演。

2017年には、350人が応募したオーディションを勝ち抜き、テレビ東京のドラマ『バイプレイヤーズ』に、中国人のジャスミン役で出演しています。

このドラマで、北香那さんの知名度は急上昇。

今回のアバランチでも北香那さんを見て「ジャスミン役の人だ」と覚えている人も多かったようです。

2018年のアニメーション映画『ペンギン・ハイウェイ』では、蒼井優さんとともに、主演声優を務めていらっしゃいます。

また2019年に放送された人気ドラマ『相棒 season18』では、船越英一郎さん演じる岩田純の娘役を演じ、その際も「演技が上手すぎる」と話題になっていました。

今でも、「相棒」のときの北香那さんんの演技が記憶に残っているという人も多いようです。

北香那さんの演技は、同業者や監督からも評判がよく、

バイプレイヤーズでプロデューサーを担当した濱谷晃一さんは、北香那さんの演技について、

「とにかく演技がブレない。物怖じしないです。自分で考え抜いたキャラクターを現場で思い切ってぶつけてきます。演技がクリエイティブなので、台本以上にキャラクターを膨らませてくれるのも魅力的です」

と評価しています。

見る人の心に残る演技で、視聴者を魅了してくれる北香那さん。

今後、彼女がどんな役をしていくのか、どんな演技をしてくれるのか楽しみですね。

まとめ

今回は、アバランチのあかり役・北香那の経歴や出演作をまとめていきました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA